TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

室蘭情報 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    #216 Azaleas and DATE ONSEN 北海道伊達温泉2020年6月2日ツツジ

    【Let's Talk about Muroran & Hokkaido in Easy  English #216】708 【2020 日帰り温泉備忘録シリ…

    Happy-Linda-Linda

    〒050イタンキ浜<輪西<室蘭<北海道&英語で室蘭をガイドしよう♪Part2

    読者になる
  • 2位

    #215 DATE ONSEN北海道伊達温泉2020年5月5日露天風呂から花見とは優雅

    【Let's Talk about Muroran & Hokkaido in Easy  English #215】707  May 5, 2020. 塀の…

    Happy-Linda-Linda

    〒050イタンキ浜<輪西<室蘭<北海道&英語で室蘭をガイドしよう♪Part2

    読者になる
  • 3位

    何だかんだで・・・・・

     昨日は妻と一緒にコストコと三井アウトレットパークに行ってきました。 ジャージやTシャツが安くなってないか各スポーツメーカーを回って 結局、買ったのはアシック…

    ダイエットマスター幸男

    ダイエットは通過点

    読者になる
  • 4位

    オニヤンマ

    子供の頃憧れていた昆虫オニヤンマと殿様バッタ。どちらもその大きさとたまにしか姿を見ないこと、そして捕まえることのできない手の届かない相手だった。特にオニヤ...

    yumenosuke

    SERVICE 24 HOUR STATION

    読者になる
  • 5位

    #214 DATE ONSEN北海道伊達温泉2020年1月6日

    【Let's Talk about Muroran & Hokkaido in Easy  English #214】706 June 6, 2020. Vi…

    Happy-Linda-Linda

    〒050イタンキ浜<輪西<室蘭<北海道&英語で室蘭をガイドしよう♪Part2

    読者になる
  • 6位

    アイヌ文化の美学

    2020年4月24日にオープン予定だった“ウポポイ”(国立アイヌ民族博物館)が、“新型コロナウイルス”の影響で何度か延期されました。いよいよ、7月12日に開館されます。日本における“異文化”に興味がある方は、是非とも“ウポポイ”にお越しください。北海道には、独特なデザイン(文様)があります。勿論、先住民族の“アイヌ文様”です。縄文時代以前から、広大な蝦夷地に数十の部族が分散し、縄張りを衣装の絵柄によって判別していたのですから、日本式の“家紋”に似ています。「四葉葵」や「剣片喰」などの家紋と違うのは、写実的でも幾何学的でもない帯状の直線と曲線を、動物や植物を抽象的に表現した奥深いデザインだからです。世界中の何処にでも有りそうで、無いのですから珍しいと思います。着物や帯・半纏やハチマキ・・・、地味な中に美学を感じま...アイヌ文化の美学

    sparrows

    エゾ中村のブログ

    読者になる
  • 7位

    “ダイナマイト”~“ノーベル賞”

    1866年、スウェーデンの「アルフレット・ノーベル」氏は、ダイナマイトを商品化しています。町で鉄工所を営んでいた「ノーベル」は、危険な“ニトログリセリン”の取り扱いを誤り、地面に落下させたのが始まりです。本来であれば爆発し大怪我ないし死亡した筈が、ニトログリセリンが落ちた床は、たまたま珪藻土が敷かれていたそうで、偶然にも大事故を免れたと言うのです。そこで、ニトログリセリンを珪藻土に染み込ませると爆発しない事を、偶然に発見したのです。液体のニトログリセリンを、珪藻土入りの筒に閉じ込め、雷管(導火線や電気式)で爆発をコントロールできるダイナマイトを、大量に製造し商売を始めたそうです。やがて“ダイナマイト”から、“弾薬”・“砲弾”の兵器(軍用)に転用され、莫大な資産を築き上げた様です。その資金が、後に“ノーベル賞”の...“ダイナマイト”~“ノーベル賞”

    sparrows

    エゾ中村のブログ

    読者になる
  • 8位

    憧れの「ジャガーE タイプ」

    私にとって、憧れの車は“ジャガーEタイプ”です。流線型のフロントと、極端に狭いコックピットが、走りを優先した独特のスタイル(格好)がいい。この車が登場したのは1961年ですから、イギリスの車造りは世界の最高峰だったと思います。見た目だけではありません。排気量3,8リッター・265馬力、直列6気筒DOHCで最高速240キロは、今の車と比較しても遜色ありません。ジャガーEタイプの製造は、1975年に終わっていますので、オリジナル車に出会う事は先ずありません。稀にEタイプに遭遇しても、レストア(修復)された車で、その価格は驚くほど高く貧乏人(私)には手が届きません!トヨタの“プリウス”程度が、自分に相応かも知れません?「ジャガーEタイプ」の類似品は、日本のメーカーでも製造しています。トヨタの“Toyota2000GT...憧れの「ジャガーEタイプ」

    sparrows

    エゾ中村のブログ

    読者になる